誠に勝手ながらみんなのグルメ編集部は、2019年03月31日をもちましてサービスを終了させていただきます。
ご愛読いただいた皆様に感謝いたします。掲載している記事は引き続きグルメニュースにて閲覧できます。

【W杯開催国ロシア探訪】ロシア料理、あなたはいくつ知ってる?

6月14日に開幕した、2018FIFAワールドカップ ロシア。4年に一度開催されるサッカーの祭典には、各大陸予選を勝ち抜いた32チームが参加します。どんな試合が繰り広げられるのか、期待感が高まりますね。

今回は、そんなワールドカップの開催国であるロシアにちなんで、代表的なロシア料理とそのオススメのお店をご紹介します。

まず抑えるべきは「ボルシチ』

ロシアスープの王様とも呼ばれている「ボルシチ」。ウクライナの伝統的な料理で、美容と健康に良いビーツを使い牛肉のコラーゲンがたっぷりのスープです。

1.ゴドノフ東京 丸ビル店

Fioletowa9172さんより投稿

Fioletowa9172さんより投稿

https://retty.me/area/PRE13/ARE15/SUB1501/100001410546/32731061/

最初にご紹介するのは、東京駅直結のロシアンバル『ゴドノフ東京 丸ビル店』。ロシアの首都モスクワで人気の老舗ロシア料理レストラン「ゴドノフ」の日本1号店です。

2018年3月に東京丸の内ビルディングに開店したこちらのお店では、ボルシチやピロシキをはじめとする本場ロシア料理を楽しむことができます。

Daisuke Kashuさんより投稿

Daisuke Kashuさんより投稿

https://retty.me/area/PRE13/ARE15/SUB1501/100001410546/32679684/

ビーツが入っているボルシチは、見た目も赤く本場のボルシチそのもの。フルーティーな味わいは、ゴドノフボルシチの特徴です。

牛肉のコラーゲンがたっぷりのスープには、ロシアのサワークリームであるスメタナを添えるとまろやかな酸味が加わり、味の変化も楽しめます。

<店舗情報>
ゴドノフ東京 丸ビル店
住所:東京都千代田区丸の内2-4-1 丸の内ビルディング5F
電話番号:050-5595-2004

2.ロゴスキー

Maki Daidoさんより投稿

Maki Daidoさんより投稿

https://retty.me/area/PRE13/ARE2/SUB201/100001236137/17250768/

銀座でボルシチを食べるなら、1951年創業、日本で最初のロシア料理レストラン
ロゴスキー』へ。

ロシア料理やコーカサス地域の郷土料理、ワインなどが味わえるお店です。

Yu-ho Namadaさんより投稿

Yu-ho Namadaさんより投稿

https://retty.me/area/PRE13/ARE2/SUB201/100001236137/22085859/

『ロゴスキー』のボルシチは、「ウクライナ風」と「いなか風」の2種類があり、写真は「ウクライナ風」。

「食べる天然輸血」と呼ばれるほど体に良い野菜「ビーツ」がスープを美しい赤紫に染め、豊富な野菜、牛肉、豆がそれぞれ細かくカットされ彩りを与えています。

野菜もたくさん食べられる、満足度の高いボルシチです。

<店舗情報>
ロシア料理レストラン ロゴスキー
住所:東京都中央区銀座5-7-10 EXITMELSA 7F
電話番号:03-6274-6670

「ビーフストロガノフ」も実はロシア料理!

「ビーフストロガノフ」は、牛肉と野菜をサワークリームで煮込んだ牛肉料理。日本でもよく知られているビーフストロガノフですが、実はロシア創作料理なのです。

3.サントリーラウンジ イーグル

Akira Sugiharaさんより投稿

Akira Sugiharaさんより投稿

https://retty.me/area/PRE13/ARE1/SUB101/100000007952/9628714/

新宿東口スタジオアルタ裏口隣にある『サントリーラウンジ イーグル』。フレッシュフルーツカクテルにこだわり続けて45年以上のバーなのですが…。

実は、和洋中にこだわらないオリジナル料理が揃う中、絶品のビーフストロガノフを食べることができるのです。

Sanae Kadaさんより投稿

Sanae Kadaさんより投稿

https://retty.me/area/PRE13/ARE1/SUB101/100000007952/31312051/

舌触りなめらかなビーフストロガノフは、旨味たっぷりの牛肉とクリーミーなソースが絶品。アルコールとも相性が良く、ついつい飲み過ぎてしまうほど。

大人の空間が漂う雰囲気の中で食べるビーフストロガノフは格別です。

<店舗情報>
サントリーラウンジ イーグル
住所:東京都新宿区新宿3-24-11 セキネビルB1F~B2F
電話番号:050-5868-7410

4.サラファン

南 たすくさんより投稿

南 たすくさんより投稿

https://retty.me/area/PRE13/ARE11/SUB1104/100000719776/22571507/

次にご紹介するのは、神保町で50年以上の歴史を持つ老舗ロシア料理店『サラファン』。

本格的なロシア料理を提供すると名高いこのお店の料理はどれも絶品なのですが、その中でもオススメは「白いビーフストロガノフ」。

片山博貴さんより投稿

片山博貴さんより投稿

https://retty.me/area/PRE13/ARE11/SUB1104/100000719776/32604798/

こちらのビーフストロガノフは、よくあるドミグラスソースで作るタイプのものではなく、具材をベシャメルソースでからめてあり、全体が白いのが特徴。

サワークリームの酸味がほどよくクリーミーで濃厚な味わい。一度食べてみる価値ありの一品です。

<店舗情報>
サラファン
住所:東京都千代田区神田小川町3-10-3 振天堂ビル B1F
電話番号:050-5592-9308

ロールキャベツ=ガルプツィだってロシア料理!!

ロシアの定番料理でもあるガルプツィといえば、実はロールキャベツのこと。

ただし、具の中にご飯が入ることが大きな特徴。ひき肉やお米を包んだロールキャベツをトマトベースのスープで煮込んだのがロシアのロールキャベツです。

5.浅草マノス

jun takazawaさんより投稿

jun takazawaさんより投稿

https://retty.me/area/PRE13/ARE9/SUB902/100000011914/28725529/

昭和44年創業の老舗ロシア料理店『浅草マノス』。現在でも昭和の香りが漂う懐かしい雰囲気のお店は、昔からのファンが多く、遠方からも訪れる訪問客も多いのだそう。

このお店の名物料理は、なんといってもトマトソースで煮込んだ「キャベツロール」。1日100皿近く売れることもあるキャベツロールは、ランチでも、ディナーのコースやアラカルトでも食べることができます。

Yuki Watanabeさんより投稿

Yuki Watanabeさんより投稿

https://retty.me/area/PRE13/ARE9/SUB902/100000011914/135654/

ナイフもほとんどいらないくらいトロトロに煮込まれた「キャベツロール」は、ひき肉たっぷり。キャベツとトマトソースの絡みがよく、口の中で溶けるようにひろがります。

「キャベツロール」が食べたくなったら、気取らず家庭的な味わいの『浅草マノス』を訪れてみましょう!

<店舗情報>
浅草マノス
住所:東京都台東区雷門2-17-4
電話番号:03-3843-8286

6.ボナ・フェスタ

Meikan Yoさんより投稿

Meikan Yoさんより投稿

https://retty.me/area/PRE13/ARE9/SUB902/100000723497/2439243/

もうひとつ、浅草で不動の人気を誇るロシア料理のお店といえば、
ボナ・フェスタ』もはずせません。本格派のロシア料理をリーズナブルに食べられるこのお店は、評判のハンバーグだけでなく、キャベツロールも格別。

Meikan Yoさんより投稿

Meikan Yoさんより投稿

https://retty.me/area/PRE13/ARE9/SUB902/100000723497/893324/

ロシア風キャベツロールのトロトロ煮」は、当店開店以来ずっと人気の一品。8時間コトコトと煮こむため、口の中でとろけるように広がり、口当たりの良さから、子供から年配の方まで幅広く支持されています。

お土産や贈答用に真空パックの販売もあるので、気に入った方は購入してみてはいかが。

<店舗情報>
ボナ・フェスタ
住所:東京都台東区雷門2丁目6-9 ガーデンビル 1F
電話番号:03-3847-5277

つぼ焼きシチュー=ガルショークも外せない!

ロシアでボビュラーナ料理といえば「ガルショーク」も! と言われても?という人も多いかもしれませんね。ガルショークとは、「壺(つぼ)焼き」のこと。壺状の深めの陶器にキノコなどの食材を入れオーブンで蒸し焼きにするシチューです。

7.マトリョーシカ

Makoto Tamuraさんより投稿

Makoto Tamuraさんより投稿

https://retty.me/area/PRE13/ARE1/SUB101/100000031674/11869637/

新宿ミロードにある『マトリョーシカ』は、JR山手線「新宿」駅から徒歩1分の場所にあり利便性抜群。

野菜をたっぷりと使い、肉の脂は極力取り除くなど、体にも優しいロシア料理を提供するお店です。

Yingyan Chanさんより投稿

Yingyan Chanさんより投稿

https://retty.me/area/PRE13/ARE1/SUB101/100000031674/30821551/

こちらのつぼ焼きは、小エビときのこ、チーズときのこ、チキンときのこ、かぼちゃときのこの4種類から選べるのが嬉しいポイント。

熱々のシチューにパリッと香ばしく焼きあがったパンを浸して食べると、シチューでやわらかくなったパンの旨味がたまりません。

ビーフストロガノフやオムライスとの「つぼ焼きコンビ」など、ランチタイムでもロシア料理が堪能できます。

<店舗情報>
マトリョーシカ 新宿ミロード店
住所:東京都新宿区西新宿1-1-3 新宿ミロード 8F
電話番号:03-3349-5855

8.ろしあ亭

中澤肇より投稿

中澤肇より投稿

https://retty.me/area/PRE13/ARE11/SUB1104/100000043411/24179961/

お次は、神保町のすずらん通り沿いにある、青い看板が目印の『ろしあ亭』。本格ロシア料理が味わえると評判のお店です。

Nozomi Shizuさんより投稿

Nozomi Shizuさんより投稿

https://retty.me/area/PRE13/ARE11/SUB1104/100000043411/799519/

このお店に来たら食べて欲しいのが「壷焼きビーフシチュー」。肉や野菜を濃厚なデミグラスソースで煮込み、パンをかぶせてオーブンで焼き上げたもの。

口の中で牛肉がホロホロと崩れる感覚がたまりません。被せてあるサクサクフワフワのパンを、ビーフシチューに付けて召し上がれ。

<店舗情報>
ろしあ亭
住所:東京都千代田区神田神保町1-13
電話番号:03-5280-3753

隠れロシア料理「ブリヌイ」って知ってる?

ところで、ロシア料理の「ブリヌイ」はご存知でしょうか。クレープやパンケーキに類似するロシアの料理の1つです。ただ、ロシアでは日本のようにスイーツとしてだけではなく、前菜や食事として提供するお店が多いよう。

9.スンガリー 新宿東口本店

Eriko Naraさんより投稿

Eriko Naraさんより投稿

https://retty.me/area/PRE13/ARE1/SUB108/100000033914/25269529/

1956年創業の『スンガリー 新宿東口本店』は、新宿で本格ロシア料理を食べられるお店。ロシア気分を増大させてくれる、ロシア古民家風の佇まいが魅力的。

Eriko Naraさんより投稿

Eriko Naraさんより投稿

https://retty.me/area/PRE13/ARE1/SUB108/100000033914/25269529/

このお店で最も人気のあるという「マリノーブナヤ・ケタ」は、自家製のフレッシュサーモンのマリネを、ブリヌイというロシアの薄焼きパンケーキに包んで食べる前菜。

薄く焼いた生地に厚みあるサーモンとスメタナクリームのバランスが絶妙。スライスしたトマトやオニオン、塩漬けしたロシア風ピクルスを入れてもおいしくいただけます。

<店舗情報>
ロシア料理 スンガリー
住所:東京都新宿区歌舞伎町2-45-6 千代田ビルB1
電話番号:03-3209-4937

10.スメターナ

土橋幸司さんより投稿

土橋幸司さんより投稿

https://retty.me/area/PRE13/ARE4/SUB403/100000068366/14368164/

お次は、国立(くにたち)にあるロシア料理店『スメターナ』。ロシア料理を初めて食べる方にもオススメのお店です。オーナーは、スンガリーで10年以上修行した経歴の持ち主。

Tomoyuki Seinoさんより投稿

Tomoyuki Seinoさんより投稿

https://retty.me/area/PRE13/ARE4/SUB403/100000068366/31051386/

前菜で提供されるブリヌイは、サワークリームを塗ったり、サーモンや酢漬けのキャベツを乗せたりさまざまな食べ方を楽しめます。

<店舗情報>
CMETAHA
住所:東京都国立市東1-7-5 弥生ビルB1
電話番号:042-574-2277

いかがでしたでしょうか。意外にロシア料理のメニューを知っていた方も多かったのではないでしょうか?
W杯を応援しながら、ロシア料理に舌鼓を打つのも乙なもの。気になったお店があったらぜひ訪れてみてくださいね。

※元の記事はこちら

ライター紹介

南森エレナ
南森エレナ
名古屋出身、東京在住。普段はカフェやレストラン等食を中心に、 時には旅ライターとして各地域を訪問した記事などを執筆しています。食べることが好きで常においしいもののアンテナを張っています。

※この記事は公開時点のものです

お得なクーポンを使おう!

会員登録後、31日間は無料で使える!プレミアム会員限定で利用できる割引率50%以上のクーポンがお得!

dグルメ

dグルメ会員なら

お得!

クーポン