誠に勝手ながらみんなのグルメ編集部は、2019年03月31日をもちましてサービスを終了させていただきます。
ご愛読いただいた皆様に感謝いたします。掲載している記事は引き続きグルメニュースにて閲覧できます。

【W杯特別企画】対戦相手を”食い”尽くせ!各国料理店まとめ

こんにちは。みんなのグルメ編集部のショウゴカワサキです。

全国のサッカーファンのみなさま、いよいよ待ちに待ったロシアワールドカップが開幕しましたね。

日本代表には、コロンビア戦の劇的な勝利に続き、ジャイアントキリング、すなわち"大物食い"を果たして欲しいところであります。

今回は、日本代表の"大物食い"を祈願して、コロンビア、セネガル、ポーランドの各国の料理を"食い"まくれるお店を紹介します。

1試合目:"コロンビア料理"が楽しめるお店『プント プンタ』

日本代表の初戦の相手は、コロンビア代表。

いやはや、まさかあのような試合展開になるとは。本当に感動しました。

既に試合は終わってしまいましたが、コロンビア料理が食べれるお店も、こちらでご紹介しますね。

Nanami Sasakiさんの投稿より

Nanami Sasakiさんの投稿より

https://retty.me/area/PRE13/ARE7/SUB701/100001148740/21325857/

コロンビア料理を味わえるお店は、東京都は恵比寿駅から徒歩6分ほどの『プント プンタ』。

コロンビア人のお母様を持つ店長が営むお店ですよ。

Suzuki Sachiさんの投稿より

Suzuki Sachiさんの投稿より

https://retty.me/area/PRE13/ARE7/SUB701/100001148740/31346830/

特にオススメだというお料理は、ジャガイモを使ったスープ料理の『アヒアコ』。

とろとろになるまで煮込まれています。

予約限定のため、事前に電話をしておくのが良いでしょう。

Atsuko Suzukiさんの投稿より

Atsuko Suzukiさんの投稿より

https://retty.me/area/PRE13/ARE7/SUB701/100001148740/21835935/

まるで”揚げ餃子”のような見た目の『エンパナーダ』も、人気の一品。

中南米では、かなりポピュラーな料理なんだとか。

「生地に使われたトウモロコシが非常に香ばしい」と、人気を集めています。

具材を様々に変えることで、朝食にもデザートにも食べられるというユーティリティな料理『エンパナーダ』。

ゲームメイクも得点もできる、ユーティリティなプレーヤーであるコロンビア代表のハメス・ロドリゲスのようなお料理と言ってもいいでしょう(いいんです!)。

<店舗情報>
プント プンタ
住所:東京都渋谷区恵比寿南2-13-14 茶屋坂T&Kビル 1F
電話番号:03-5704-6280

2試合目:"セネガル料理"が楽しめるお店『cafe bar blue baobab Africa(カフェ ブルー バオバブ アフリカ)』

日本代表の2戦目の相手は、西アフリカのセネガル代表。

守備が堅く、エースのマネを中心としたスピーディなカウンターを得意とするチームです。

そんなセネガルの料理が楽しめるお店は、赤羽橋駅から徒歩5分の『cafe bar blue baobab Africa(カフェ ブルー バオバブ アフリカ)』。

駅から徒歩5分ということですが、仮にマネのスピードがあれば2分ほどでつくことでしょう。(多分。)

こちらのお店は、セネガルの煮込み料理の数々にご飯、サラダ、デザートが付いたビュッフェの形式。

平日は、コーヒーなどのドリンクも付いてきますよ。

牛肉やエビなどが入った、ピリッと辛い『スープカンジャ』や、トマト入りの酸味が聞いた『チュ』などが並びます。

これらが税込で1000円で楽しめます。

ちなみに、スーパースターのマネの週給は9万ポンド(約1320万円・6月18日時点)だそうなので、週に1万三千回以上このおいしいランチを楽しめますね!(だからどうした!)

<店舗情報>
Blue Baobab Africa
住所:東京都港区麻布台2-2-12三貴ビル2F
電話番号:03-6884-3100

3試合目:”ポーランド”料理が楽しめるお店『レストラン ワルシャワ』

日本代表のグループリーグ最終戦の相手は、ポーランド代表。

バイエルン・ミュンヘン所属のレバンドフスキが、エースとして君臨するチームです。

レバンドフスキは今回の欧州予選で16ゴールを決め、1大会での歴代最多記録を更新した、言わずと知れた名プレーヤーですね。

日本の守備陣には、なんとか踏ん張って欲しいところです。

Shin Kankeさんの投稿より

Shin Kankeさんの投稿より

https://retty.me/area/PRE22/ARE78/SUB7801/100000734782/27301141/

そんなポーランドの料理が楽しめるお店は『Smacznego(スマッチネゴ )』、静岡に店を構えます。

なお、「Smacznego」とは、ポーランド語で「召し上がれ」という意味だそうですよ。

Shin Kankeさんの投稿より

Shin Kankeさんの投稿より

https://retty.me/area/PRE22/ARE78/SUB7801/100000734782/27301141/

こちらのお店では、ポーランドの国民食とも言われる『ピエロギ』が楽しめます。

中国の餃子が、ロシア経由で伝わったと言われる料理です。

厚めの皮に包まれてた『ピエロギ』。ジャガイモや揚げタマネギが詰められることが多いそう。

なお、コストコなどの大手スーパーでは、冷凍食品コーナーで販売されているんだとか。

長時間冷凍して”キープ”できるところが、足元のテクニックにも優れ、キープ力抜群のレバンドフスキを彷彿とさせます(させませんね)。

<店舗情報>
Smacznego
住所:静岡県静岡市葵区鷹匠2-10-8 パサージュ
電話番号:054-272-2734

W杯のグループリーグで対戦するコロンビア、セネガル、ポーランド料理が食べられるお店を紹介しました。

終始サムい解説でしたが(失礼しました)、コロンビアの『アヒアコ』、セネガルの『スープカンジャ』、ポーランドの『バルシュチュ』と、各国には名物のスープ料理もありますので、ぜひ冷え切った体を温めに、お店に訪れてみてはいかがでしょうか……。

P.S.

頑張れ日本!

※元の記事はこちら

※この記事は公開時点のものです

お得なクーポンを使おう!

会員登録後、31日間は無料で使える!プレミアム会員限定で利用できる割引率50%以上のクーポンがお得!

dグルメ

dグルメ会員なら

お得!

クーポン