いきなりステーキの卓上調味料、人気の部位5種との相性を調べてきた!

「今日はお肉が食べたい!」と思い立ったとき、使い勝手がいいのが『いきなり!ステーキ』!

立ち食いスタイルでお手頃価格の本格ステーキが楽しめるということで、2013年に銀座でオープンして以来、今や全国で大人気のお店です。

「肉マイレージ」なる、自分の食べた肉量をポイントとして貯めていく面白いサービスもあり、一度だけでなく二度三度と通う方もいるのではないでしょうか。

さて、「いきステ」こと『いきなり!ステーキ』へ行くと目に入るのが多種多様な卓上調味料。

お客様の声を反映した結果、どんどんと種類が多くなっていったというこの調味料ですが、一体どの調味料がどの部位と一番相性がいいのかと考えたことはありませんか?

今回はそんな素朴な疑問にお応えするために、『いきなり!ステーキ』のステーキと調味料の相性を徹底調査!

それぞれのステーキに合う、最高の調味料を決定してきました!

※あくまで、個人の見解です。

いきなりステーキの全店舗共通ステーキメニュー5種!最高相性の調味料はこれだ!

まずは、検証ルールを説明します。

・卓上調味料全8種を、基本的に混ぜ合わせずに使用する(塩と胡椒に限り、同時に使用)
・1口大に切ったステーキを、それぞれの調味料にディップして食べる

以上です。

シンプル!(笑)

それでは!いきステの卓上調味料の、選手紹介です!!

左上から右に、

①ホットステーキソース:創業者の一瀬氏がステーキとの相性を考え抜いた絶品ソース

②いきなりソース(甘口):りんごなどを使い、やや甘口に作られたステーキソース

③しょうゆ:日本を代表する定番調味料

④塩コショウ:シンプルイズベスト!お肉の旨味をダイレクトに!

⑤タバスコ:外国人や辛いもの好きから絶大な支持。酸味とステーキとの相性が抜群

⑥にんにく:お肉に合わせると食欲倍増の、スタミナ系調味料

⑦マスタード:ほどよい酸味の、味変にぴったりの調味料

⑧わさび:独特の辛味でお肉をさっぱりとした風味にしてくれる、和の調味料

こちらに全店舗共通のステーキメニュー5種を合わせて、相性を調べてみました!

ジャッジは女性の私、蛯原天と、みんなのグルメ編集部の柴田くん(男性)の2人。

総肉量1.1kgのステーキ…!全力で挑戦します!

ヒレステーキ

▲ヒレステーキ 200g 1800円(税抜)

▲ヒレステーキ 200g 1800円(税抜)

さっぱりした赤身のヒレは女性にも人気の部位。

私は普段、塩コショウかわさびしょうゆで、お肉の味を感じながらさっぱりと頂くことが多いのですが…

果たして結果はどうでしょうか。

↓↓結果はこちら↓↓

いきなりソース(甘口)に軍配!

さっぱりしたヒレに、フルーティーな甘口ソースをつけることで、バランス力アップ!

私も柴田くんも、一瞬でこれがベストマッチと判断しました。

その他の、塩コショウ・マスタード・わさびなど香辛料系の調味料も、お肉の旨味を引き出してくれます。

ヒレ本来の甘みを感じることができますよ。

サーロインステーキ

続いては、米国CAB協会認定、CABアンガス牛のサーロインステーキ。

やわらかくジューシーで、適度な霜降りがあります!まさにステーキの王様。
(※Naruoブランド牛を使用している一部店舗もあります)

↓↓結果はこちら↓↓

満遍なくどれも相性がよいですが、中でもしょうゆに軍配!

香りのいいしょうゆが、焼き上げた脂の香ばしさを引き立てます!

鉄板焼き屋さんのようなオトナの味に…!

もし2種類の調味料を使うなら、「わさびしょうゆ」も、サーロインと相性抜群ですよ!

また次点でオススメしたいのは、ほどよい酸味のマスタード。酸味のある調味料と組み合わせることで、脂の甘みがぐっと増します!

トップリブステーキ

▲トップリブステーキ 200g 1460円(税抜)

▲トップリブステーキ 200g 1460円(税抜)

お次は、リブロースの1番美味しい部分を分厚く切り出したトップリブステーキ。

海外では、このようにリブロースを更に小さな部位に分けることは珍しいそう。

その珍しさもあってか、外国人の方からの人気も高い部位だそうですよ!

↓↓結果はこちら↓↓

こちらも、上品な脂との相性抜群のしょうゆに軍配です!

しょうゆ強し…!

また、今回のルールからは外れますが、混ぜ合わせて試して欲しいのが、「にんにく&マスタード」!!

マスタードの酸味と、にんにくの香りで食欲倍増です!

更にホットステーキソースを使えば、一番相性のいいしょうゆの風味も楽しめて、これ以上ない絶妙な組み合わせになりますよ!!

ミドルリブステーキ

▲ミドルリブステーキ 200g 1320円(税抜)

▲ミドルリブステーキ 200g 1320円(税抜)

さてお次は、ミドルリブ!

トップリブに比べると脂が多めで、このミドルリブのとろける脂には根強いファンも多いとのこと!

しかし赤身部分はさっぱりしており、コントラストが楽しめる部位なんだとか。

↓↓結果はこちら↓↓

同じロースでも、トップリブとはまた違う結果に…!

脂の甘みと相性がいいのは、全体的に香辛料系の調味料でしたが、中でもわさびは相性抜群でした。

爽やかなわさびの香りが鼻に抜けます。いくらでも食べれちゃいそうです!

リブロースステーキ

▲リブロースステーキ 300g 2070円(税抜)

▲リブロースステーキ 300g 2070円(税抜)

最後は、リブロースです!

トップリブとミドルリブを合わせた、脂身と赤身のバランスが程よい部位ですよ!

肉質はきめ細やかで柔らかく、男性からの人気が高い部位だそうです。

↓↓結果はこちら↓↓

旨味が強い部位なので、香辛料や酸味のある調味料でワイルドに食べるとバランスがよく感じます!

中でもオススメはマスタード

脂身と赤身どちらも味わえる贅沢なリブロースは、極力シンプルな味付けでお肉の味を楽しむのがおすすめです!

いきステの卓上調味料は奥が深かった

様々な部位を味比べして分かったのは、「あらためてお肉って部位によって味が違うんだな」ということ。

1種類の調味料を組み合わせるだけでも、全部で40通りの味のバリエーションができるんです。

毎日通っても、様々な味でステーキを楽しめる、いきなりステーキ。

初めていきステに行く方も、何度も足を運んでいる方も、ぜひ卓上調味料を駆使して自分好みの味を見つけてみてくださいね!

ライター紹介

蛯原天
蛯原天
タレント・フリーアナウンサー / 八丈島うまれ、伊豆大島出身。グラビアやバラエティで活動の傍ら、2010年よりインターネットライブメディアの世界へ。出演だけでなく企業のライブ配信の企画構成から技術、広告、執筆まで一手に請け負うマルチプレイヤー。好きな食べ物は赤身肉とチョコレート。

※この記事は公開時点のものです