誠に勝手ながらみんなのグルメ編集部は、2019年03月31日をもちましてサービスを終了させていただきます。
ご愛読いただいた皆様に感謝いたします。掲載している記事は引き続きグルメニュースにて閲覧できます。

日本の食文化を国内外に発信する”おみそ汁専門店”が浅草に誕生

日本の伝統的な家庭料理である「おみそ汁」は、現在では日本料理に欠かせない存在のひとつ。使用する味噌や具材を変えるだけで様々な豊富なバリエーションの味を楽しむことができます。

そんな日本の伝統食を気軽に楽しめる「おみそ汁」の専門店が、下町風情が残る浅草にオープンしたとの情報を聞いて、早速行ってきました。

そのお店の名前は、「MISOJYU(ミソジュウ)」。
日本の大切で健康的な食文化を国内外に広く発信するため、書道家の武田双雲氏が結成した「TEAM地球」がプロデュースする、創作おみそ汁専門店です。

日本の温かさを一杯に込めて届ける“おみそ汁”を国内外に広く発信

「MISOJYU」のディレクションやフードディレクターを担当するEDWARD HAMESさんにお話をお聞きしました。

日本の大切で健康的な食文化を国内外に広く発信するため、EDWARD HAMESさんが着目したのは「発酵食品」である味噌。

「浅草は、日本の発酵文化を発信していくには最適な場所です。日本の発酵食品は豆腐や納豆、日本酒など数多くありますが、その中でも味噌を使ったおみそ汁は“ミソスープ”として海外の方に注目が高まっています。そこで、使い方によっては様々なアレンジができる味噌を世界各国のスープをベースにアレンジをし、国外にも伝えていけたらと思っています。」と語るEDWARD HAMESさん。

お店で提供するおみそ汁は、定番をはじめ、フランスの家庭料理の一つであるポトフを味噌とアレンジした「みそポトフ」や、豆乳と味噌を掛け合わせた「みそポタージュ」を楽しむことができます。

有機野菜を使用した食べ応えのあるおみそ汁と“おにぎり”を一緒に楽しむ朝食を提案

おみそ汁に入る野菜は、有機野菜と、京都から仕入れる鉄ミネラル野菜の二種類。味噌は、島根県浜田市の「やさか共同農場」から仕入れた3種の味噌を使用しています。

そんなこだわりの素材を使って作られる、おみそ汁のメニューをご紹介しましょう。

「朝ごはんセット」 味噌汁+おにぎり1つ+煮卵 600円(税抜)※8:30〜11:00提供

「朝ごはんセット」 味噌汁+おにぎり1つ+煮卵 600円(税抜)※8:30〜11:00提供

まずは、朝8:30〜11:00まで提供している「朝ごはんセット」。

浅草は、日本屈指の観光地。国内外から訪れる観光客で賑わっていることから、周囲には多くのホテルや簡易宿泊施設が密集しています。この「朝ごはんセット」は、「朝食を食べる場所が少ない」という観光客のニーズに応えて、考案されました。

この日のおみそ汁の具材は、豆腐、油揚げ、有機野菜。温かいおみそ汁を飲むとホッとしますよね。朝一番から健康的な日本食を存分に味わうことができました。

おみそ汁と一緒に、おにぎりと煮卵が付いてきます。煮卵でタンパク質を摂れるのも嬉しいですね。

MISOJYUのおにぎりは、全て手作り。滋賀のコシヒカリと茨城のミルキークイーンの2つの有機米をブレンド。冷めても美味しく食べられるのが特徴です。もちろんおみそ汁とも相性もぴったり。

おにぎりは、しお、しゃけ、うめ、玄米、スパイシーツナ、アボカドロールの中から随時5〜6種類を揃えています。1個では足りない・・・と感じた場合、追加料金で好きなおにぎりを新たにチョイスすることができます。

1日の始まりは朝食から!しっかり食べて気持ち良い1日のスタートを切りたいですね。

一番人気!角煮の存在が”すんごい”、こだわりのとん汁

MISOJYUセット(ごろごろ野菜と角煮のすんごいとん汁+おにぎり1+ 煮卵+お新香+小鉢2品  1,380円(税抜)※11:00〜close提供

MISOJYUセット(ごろごろ野菜と角煮のすんごいとん汁+おにぎり1+ 煮卵+お新香+小鉢2品 1,380円(税抜)※11:00〜close提供

次に、一番のオススメの「ごろごろ野菜と角煮のすんごいとん汁」をいただきました。セットにすると、おみそ汁の他に、おにぎり1個と 煮卵、お新香、小鉢2品が付いてきます。

このとん汁の特徴でもある角煮は、とにかく大きくて食べ応え抜群!口の中でホロホロと崩れ、肉の旨味と、ほんのり甘味が感じられます。

実はこの甘味は、砂糖の代わりに使用するドライフルーツが隠し味。
豚肉を一度蒸して柔らかくしてから、ドライフルーツと赤ワインで時間をかけて煮込んでいるのです。角煮の味もぜひ堪能してみてください。

日本の伝統食であるおみそ汁を様々な角度で味わえるお店

日本食の定番でもあるおみそ汁が主役の「MISOJYU」では、定番のおみそ汁から、海外のスープ料理にインスパイアされた斬新なおみそ汁まで、様々な種類を味わうことができます。

味噌と野菜のこだわり抜いた食材で作るおみそ汁は、日本人にはもちろん、海外の方にもぜひ食べていただきたい一杯です。

朝早くから夕食の時間まで、栄養たっぷりの絶品おみそ汁が楽しめる「MISOJYU」で、日本の食文化を満喫してみてはいかがでしょうか。

ライター紹介

南森エレナ
南森エレナ
名古屋出身、東京在住。普段はカフェやレストラン等食を中心に、 時には旅ライターとして各地域を訪問した記事などを執筆しています。食べることが好きで常においしいもののアンテナを張っています。

<店舗情報>
MISOJYU(ミソジュウ)
住所:東京都台東区浅草1-7-5
電話番号:03-5830-3101

※元の記事はこちら

※この記事は公開時点のものです

お得なクーポンを使おう!

会員登録後、31日間は無料で使える!プレミアム会員限定で利用できる割引率50%以上のクーポンがお得!

dグルメ

dグルメ会員なら

お得!

クーポン